■ Presentation & Schedul 〜発表概要・スケジュール〜

※不都合のある方がおられましたら、お手数ですがこちらまでご連絡をお願いいたします。


■ 第2回天網の会ワークショップ   プログラム(案)   (2000年11月14日〜15日) ■

注:変更される場合があります。

----------------------------------------------------------------------------
11/14(火)
----------------------------------------------------------------------------
13:00-13:50  美星天文台との通信デモンストレーション
----------------------------------------------------------------------------
  発表者氏名    綾仁一哉
  発表者所属    美星天文台

  発表者氏名    小林和真
  発表者所属    倉敷芸術科学大学

  発表内容      ・ビデオ中継
                ・望遠鏡の遠隔操作
                ・技術解説
----------------------------------------------------------------------------
14:00-15:40  インターネット技術
----------------------------------------------------------------------------
  発表タイトル  IPv6
  発表者氏名    山本和彦
  発表者所属    株式会社インターネットイニシアティブ
  発表の概要    IPv4 の問題点を説明し、IPv6 がインターネットをどのように
                変える可能性があるかについて述べる。
  必要機材      SVGA Projector
  発表時間      30 min
----------------------------------------------------------------------------
  発表タイトル  Asian Internet Interconnection Initiatives Project
  発表者氏名    馬場 始三
  発表者所属    倉敷芸術科学大学
  発表の概要    アジアに独自の衛星インターネット実験基盤を展開して、その
                基盤上でインターネット技術に関する国際共同研究を進めてい
                る AI3プロジェクトを紹介する。
  必要機材      XGA プロジェクタ
  発表時間      20分
----------------------------------------------------------------------------
  発表タイトル  MCS - Multimedia Conference System の紹介
  発表者氏名    馬場 始三
  発表者所属    倉敷芸術科学大学
  発表の概要    別枠で紹介する AI3 プロジェクトへ参加するマレーシアの研
                究グループが開発して、商品化に成功したネットワーク会議シ
                ステムMCS を紹介する。また、MCS のデモを行い、マレーシア
                から MCS の研究開発に関わる研究者が AI3 プロジェクトの実
                験ネットワークを通じて会議参加する予定。
  必要機材      XGA プロジェクタ、ネットワーク、Linux サーバ
  発表時間      20 分
----------------------------------------------------------------------------
15:50-17:00  日食、月食中継
----------------------------------------------------------------------------
  発表タイトル  これまでの中継システムと今後の展望
  発表者氏名    相川成周
  発表者所属    日本大学
  発表の概要    LIVE! ECLIPSE 98, LE98 Annular, LIVE! LEONIDS 98,
                LE99a, LE99, LL99, LE00 Lunarにて構築した中継システムの
                紹介および実際に遭遇した問題点をふまえ、今後の中継システ
                ムへの展望について検討する。
  必要機材      パワーポイント、RealPlayer
  発表時間      20-30分、14日希望
----------------------------------------------------------------------------
  発表タイトル  日食・月食BOF
  発表者氏名    森下 貴裕
  発表者所属    LIVE!ECLIPSE
  発表の概要    日食や月食に関するBOFを行う予定です (14日希望)
  必要機材      PC用プロジェクター
  発表時間      15分ぐらい?
----------------------------------------------------------------------------
  発表タイトル  日・月食BOF
  発表者氏名    尾久土正己
  発表者所属    みさと天文台
  発表の概要    2001/1/10の月食と2001/6/21の日食中継について議論する。2〜
                3人の発表予定あり。14日希望
  必要機材      なし
  発表時間      お任せします
----------------------------------------------------------------------------
17:00-18:30     美星町へ移動(美星天文台、ペンションコメット)
----------------------------------------------------------------------------
18:30-20:30     懇親会「夢味庵」(中世夢が原駐車場内)
20:30-22:00     美星天文台にて観望(会希望者のみ)
----------------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------
11/15(水)
----------------------------------------------------------------------------
 9:00-10:50     美星天文台、美星スペースガードセンター関係
----------------------------------------------------------------------------
  発表タイトル  美星スペースガードセンターにおけるデータ処理
                  −現状、課題そしてこれから−
  発表者氏名    寺薗 淳也
  発表者所属    (財)日本宇宙フォーラム
  発表の概要    美星スペースガードセンター(BSGC)は、スペースデブリ、及び
                地球近傍小惑星を観測するための施設で、今年4月より観測を
                開始し、データも蓄積されつつある。また、これらの観測デー
                タを教育目的で使用するプロジェクトも開始されようとしてい
                る。本発表では、まずBSGCについての概要を紹介すると共に、
                データ処理について、その現状及び課題について触れる。また、
                ネットワーク経由でのデータ配布などについて、その整備状況
                や構想などについて触れることにする。この発表全体を通して、
                大容量のデータ解析について、BSGCの例を通してあるべき姿に
                ついて議論していきたい。
  必要機材      OHPを基本。可能であれば、PCを接続して使用できるプロジェ
                クターの使用を希望する。
  発表時間      特に希望なし(最大1時間程度)
----------------------------------------------------------------------------
  発表タイトル  ガンマ線バースト即時分光観測システムの開発
  発表者氏名    川端哲也
  発表者所属    美星天文台
  発表の概要    衛星HETE2はガンマ線バースト(GRB)を10分角の位置精度で検出
                し、その位置情報は即座にインターネットで全世界に公開され
                る。理化学研究所が美星天文台屋上に設置した口径30cmの光学
                望遠鏡(RIBOTS)は、GRBの位置をさらに数秒角にまで特定する。
                この位置情報をもとに美星天文台の101cm望遠鏡でGRBの即時分
                光観測を行うことを計画し、バーストから3分以内に観測を開
                始できる専用の分光器(BIS)と制御システムを開発中である。
                HETE2->RIBOTS->BISは、全てネットワークによる通信により連
                携して観測を行う。
  必要機材      PCプロジェクター
  発表時間      10分
----------------------------------------------------------------------------
  発表タイトル  流星群立体中継の提案
  発表者氏名    綾仁一哉
  発表者所属    美星天文台
  発表の概要    流星は高度100km程度で発光しているといわれている.数10〜
                100km離れた3,4地点で同じ流星をビデオ撮影し,流れたら即
                座に画像処理して流れた経路を鳥瞰図表示する中継があれば面
                白いのではないか.
  必要機材      PCプロジェクタ
  発表時間      5〜10分
----------------------------------------------------------------------------
  発表タイトル  星空中継チャットシステムの紹介
  発表者氏名    佐藤 光一郎
  発表者所属    倉敷芸術科学大学 ソフトウエア学科
  発表の概要    美星天文台で計画している星空中継チャットシステムの構想と
                そのプロトタイプ(簡単な構想イメージ)を紹介します。
  必要機材      未定
  発表時間      5分程度
----------------------------------------------------------------------------
11:00-12:00  美星天文台、美星スペースガードセンター施設見学
----------------------------------------------------------------------------
12:00-12:40  昼食休憩
----------------------------------------------------------------------------
12:40-14:30  ネットワーク中継、データ転送、教育
----------------------------------------------------------------------------
  発表タイトル  キロビット時代のライブ三昧(オンライン発表のみ)
  発表者氏名    豊増 伸治
  発表者所属    みさと天文台
  発表の概要    5月以降のみさと天文台での毎日のライブ状況をお伝えします。
                電波観測のFFT画像、魚眼レンズによる全天カメラ映像(た
                だし別の研究の副産物)などが加わり、天文定常観測の生デー
                タ公開サイトとして徐々に認知されてきました。また今年のし
                し群(ピーク予想時)は筑波大生とリアルタイムでの電波観測
                結果の公開を予定しています。
  必要機材      ブラウザ、リアルプレーヤ
  発表時間      10分
----------------------------------------------------------------------------
  発表タイトル  IP-VLBIの現状
  発表者氏名    市川雄一
  発表者所属    日本通信機(株)
  発表の概要    第1回天網の会で協力をお願いしたIP-VLBIの現状を報告しま
                す。大がかりな装置を必要としない電波干渉系への第一歩です。
  必要機材      PC用プロジェクタ
  発表時間      10分(15日希望)
----------------------------------------------------------------------------
  発表タイトル  VLBI観測データIP転送システムの構築
  発表者氏名    阿部真也
  発表者所属    倉敷芸術科学大学 村山研究室
  発表の概要    IP-VLBIを実現するためのソフトウェアの仕組みや実装について話します。
  必要機材      PC用プロジェクタ
  発表時間      10分
----------------------------------------------------------------------------
  発表タイトル  サイエンス・ファイナンシャル・エンジン
  発表者氏名    浅里 幸起
  発表者所属    三菱電機株式会社
  発表の概要    科学知識普及のためのビジネスモデルに関する考察を、特に天
                文にフォーカスして述べます。IT産業の経済学的、経営学的な
                性質から、有効と考えられている諸条件、システム設計の要求
                条件をまとめ、整理しています。合わせて所属会社の技術や製
                品の中から、天文教育のために役にたちそうなものを紹介しま
                す。
  必要機材      XGAプロジェクタ(RGB及びNTSC入力付)
  発表時間      15分 (15日希望です)
----------------------------------------------------------------------------
14:40-16:10  しし座流星群関係
----------------------------------------------------------------------------
  発表タイトル  航空機と人工衛星によるしし座流星群観測
  発表者氏名    矢野創
  発表者所属    文部省宇宙科学研究所・惑星研究系
  発表の概要    1998−99年に行ったしし座流星群国際航空機観測ミッションの
                科学的成果および2001−2年のしし群観測を航空機や人工衛星
                から行うメリットを考察する。また得られた観測画像・データ
                を準リアルタイムでネット配信する技術や教育的効用について
                論じる。
  必要機材      OHP,VHSビデオデッキ
  発表時間      ?20−30分でしょうか?お任せします。
----------------------------------------------------------------------------
  発表タイトル  人工衛星によるしし座流星群観測計画
  発表者氏名    吉田和哉
  発表者所属    東北大学 大学院 工学研究科 航空宇宙工学専攻
  発表の概要    2001-2002年のしし座流星群を人工衛星を用いて軌道上から観
                測する計画について紹介する.2001年には,既に軌道上にある
                衛星に呼びかけて写真撮影を試み,地上との同時観測を目指す.
                また,2002年には専用の観測機材を搭載した小型衛星の打ち上
                げを提案する.得られた観測画像・データを準リアルタイムで
                ネット配信する技術や教育的効用にについて論じる.
  必要機材      PC用プロジェクタ
               (15日の午後に矢野氏の講演に引き続くかたちで発表させて
                いただけるようにお願いします.)
  発表時間      ?20−30分でしょうか?お任せします。
----------------------------------------------------------------------------
16:10-16:30  まとめ
----------------------------------------------------------------------------
  発表者氏名    村山公保
  発表者所属    倉敷芸術科学大学
----------------------------------------------------------------------------