第15回 天網の会ワークショップ

■テーマ「広帯域ネットワークを活用した研究」

■日時  2007年7月3日(火) - 4日(水)

■場所  東京大学 工学部 2号館 10F 新領域輪講室
      http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_03_j.html 
     (〒113-8654 文京区本郷7-3-1(事務局))

■開催趣旨
     今回のワークショップでは、WIDE/JGN2 をはじめとする広帯域ネット
    ワークを活用した研究を中心として、天文およびネットワークの専門家
    が興味を持つ事例を紹介して意見交換を行うことを考えています。もち
    ろん他のテーマでの講演も歓迎致しますので、多くの方のご発表および
    ご参加をお待ちしております。

■プログラム

 ● 2007/07/03

   13:20-13:30 開会挨拶

   13:30-14:00
    「IPマルチキャストにおけるトラフィックエンジニアリング」
     山本 成一 (東京大学)

   14:00-14:30
    「Internet2 Land Speed Record の TCP/IP通信」
     玉造 潤史 (東京大学)

   14:30-15:30
    「DV/HDV over IP 技術の紹介」
     小林 和真 (倉敷芸術科学大学)

   15:30-16:00  休憩

   16:00-16:30
    「4k超高精細映像伝送技術と CineGrid」
     金子 晋丈 (慶應義塾大学)

   16:30-17:10
    「LE2005a の概要とマドリッドからの高速回線による高画質映像伝送」
     山本 文治 ((株) インターネットイニシアティブ)
    
   17:10-17:40
    「プラネタリウムを使った皆既日食の疑似体験」
     尾久土 正己 (和歌山大学)

   17:40-18:10
    「トカラ列島及び周辺部の情報通信基盤の現状とコミュニティ・ブロードバンドの整備」
     升屋 正人 (鹿児島大学)

   18:30-20:30  懇親会

 ● 2007/07/04

   10:00-10:30
    「広域センサネットワーク (Live E!) の現状と将来構想」
     落合 秀也 (東京大学)

   10:30-11:00
    「「ハイテク、ローテク、自主防災」の報告」
     豊増 伸治 (みさと天文台)

   11:00-11:30
    「天文観測と RWoIP −進捗報告−」
     大江 将史 (国立天文台)

   11:30-12:10
    「天文観測サイトサーベイとチベット」
     吉田 道利 (国立天文台)

   12:10-12:30
    「今回の総括と今後について」
     江崎 浩 (東京大学) / 市川 伸一 (国立天文台)


■宿泊施設:ご自身で確保をお願い致します。

■懇親会: 7月3日の夜に、一人4千円程度で開催を予定しています。
     参加申し込みに合わせて事前申し込みをお願いします。

■参加・発表申込締切: 2007年6月25日(月)

■参加申し込み・登録データの修正

 参加申し込みのページ

 参加申し込みをするには、天網の会データベースに登録する必要があります。
 登録されていない方はこちらから登録してください。

■発表申し込み・登録データの修正

 発表申し込みのページ
 申し込み中の発表一覧

■世話人 江崎浩、中山雅哉

■世話人宛てのメールは tenmou-pc15%kusa.ac.jp まで
      (%をアットマークに置き換えてください)